まぶたのたるみと疲れ目のセルフケア


まぶたのたるみや疲れ目に
おすすめのセルフケア


もう10年近く、フェイシャルトリートメントに入らせていただいているI様。

昨日は特に目のお疲れが辛いとご来店されました。

加えて目の周りのくすみとクマ、額のシワやまぶたのたるみも気になるとのこと。

dav

 

メニューは期間限定のタラソテラピーフェイシャルコース。

タラソコース限定のフェイシャル海泥マスクで老廃物を流すとともに、肌細胞の活性化を目指します。

トリートメントでは、額のシワに対して、前頭筋に対するアプローチや落ち込んでしまった組織を持ち上げるような手技を、

上まぶたのたるみについては眼窩に沿って老廃物を流し、側頭筋や皺眉筋・鼻筋などにアプローチして、上まぶたがスッキリするような手技を行いました。

* * *

視力が低下すると、物を良く見ようとして目の周りの筋肉が緊張します。

その結果、眉間のしわや目頭のしわ、鼻の付け根に横に走るしわが皮膚の折り目として残りやすくなってしまいます。

疲れ目の方はもちろん、まぶたのたるみが気になる方もぜひお試しくださいね。

* * *

(1)マッサージ&ツボ押し

< 疲れ目に効くツボ押し >

eyepressurepoint

1)攅竹(さんちく)
小鼻の上から鼻筋の両脇を上ると、眉の骨に当たりますが、この部分を眉の骨に向かって圧迫します。

2)晴明(せいめい)
>鼻の付け根の横側、目頭のツボ。この部分を鼻筋に向かって圧迫します。

< マッサージ >

eyemassage

1)目頭側から、5~6箇所、目の下の骨の淵に沿って中指で圧迫。

力は入れず、指の重みで皮膚に指が沈むのを感じます。指が沈んで、骨を感じたら、目尻側に指をずらして圧迫。これを目尻まで繰り返します。

2)中指または薬指で、先程圧迫した部分を目尻まで軽くなぞります(3回くらい)。マッサージの間、目の下にしわが寄らないように、もう一方の手でこめかみを斜め上に引き上げておきます。

3)眉頭⇒眉山⇒眉尻の3か所を、眉のすぐ下にある骨の淵に沿って、中指で圧迫。力は入れず、指先に骨を乗せるようなイメージで圧を加えます。

4)(2)と同様に、先程圧迫したところを中指または薬指でなぞります(3回くらい)

(2)ハーブティ

< アイブライト >

疲れ目はもちろん、目の充血、視力の低下、目のかゆみなど、目の症状全般におすすめのハーブです。抗ヒスタミン作用を持つビタミンP(ケルセチン)が含まれているので、花粉症などのアレルギー症状全般にも役立つと言われています。

< バタフライピー >

青い色がきれいなタイ原産のハーブ。アントシアニンをブルーベリーの約4倍と、豊富に含みます。

アントシアニンは眼精疲労や視力の回復に役立つと共に、コラーゲンを安定させて美肌を保ったり、血液をサラサラにしたりと、高い抗酸化作用がアンチエイジングにもおすすめです。バタフライピーに含まれるアントシアニンは熱や酸素に強く安定しています。抗血栓や血栓溶解成分が含まれるため、妊娠中は避けた方が良いとされています。

< マロウブルー >

同じくアントシアニンを含む紫がかった青色のハーブ。

主要成分の粘液質が口の中や喉の粘膜の潤いを保つので、喉の痛みやイガイガにも良くブレンドされます。ペクチンは胃腸の荒れにもおすすめです。バタフライピーと特徴が似ていますが、子供や妊婦さんも安心して飲むことができ、比較的手に入りやすいハーブです。

< ハイビスカス >

ハイビスカスのお花を乾燥させた鮮やかな赤色のハーブ。

アントシアニンに加えてビタミンCやクエン酸を含むので、疲労回復におすすめです。酸味が強いため、シングルで飲用するよりも、他のハーブにブレンドして飲用する方が良いかもしれません。

< おすすめブレンド>

20160113_181

● アイブライト:ローズマリー:カモミール=1:1:1

● バタフライピー(orマロウ):ラベンダー:レモングラス=2:1:1

● ハイビスカス:ローズ:パッションフラワー=1:1:1

上記のハーブは、例えば単品で麦茶などにもブレンドすることができます^^

ぜひ、色々試してお気に入りのブレンドを試してみてくださいね。

* * *

♪ お知らせ ♪

 6/1~ 期間限定タラソテラピートリートメントスタート

タラソテラピーと取り入れた、デトックス感満点のスペシャルメニューです

・ 6/15~ 虫よけスプレ―お作りします
精油・フラワーウォーター・クレイなど自然素材で作るミストです。
メール・店頭にてご注文⇒サロンでお渡しします。
料金は1,500+税です。
どちらも、ご予約承り中です♪

お客様, ハーブ, マッサージカテゴリーの記事