脚のむくみとアロマ


脚のむくみとアロマ


もう10年以上、2週間に一度通ってくださっているH様。

ご多忙のスケジュールのなか、休日は必ず運動をなさっています。

 

そのため今まで入らせていただいた数百回のトリートメントの中でも、一度として脚がむくんでいたことはありませんでした。

が、

今回、ある理由で片側のすねから下がむくんでしまったのです…><…

 

その理由については今回差し控えさせていただきますが、今日はむくみにおすすめのアロマとおすすめのケア方法をご紹介しますね。

20180203152122_IMG_1334

むくみとは?

むくみは、皮膚の下に水分(組織間液)が溜まった状態のことをいいます。

通常、心臓から各組織へ送られた酸素や栄養を豊富に含むフレッシュな血液は、各組織での活動を終えると静脈に回収されるのですが、それが上手く回収されずに組織間液が溜まった様な状態になってしまいます。

 

むくみの原因

むくみの原因は大きく分けて2つです。

一つは、長時間の立ち仕事や運動不足などによる生活習慣を原因として起こるもの、

もう一つは、がんなどの病気によって起こるものです。

後者のむくみが起きる要因としては、薬の副作用、心不全や腎不全、左右で異なる場合にはリンパ浮腫や深部静脈血栓症などがありますが、どれも医療の範疇です。

アロマトリートメントに際し医師の承諾が必要になりますので、当てはまる場合には、必ず担当医師の承諾の上、ケアをしてくださいね。

 

むくみにおすすめの精油

脚の疲れによるだるさにはアロマによるセルフマッサージがおすすめです!ぜひご自身でオリジナルのマッサージオイルを作ってケアしてみましょう。

 

IMG_1193

<むくみのためのブレンド>

脚の疲労を和らげて巡り力アップを図るブレンドです。(部分用のため、濃度を1.5%としています。)

スイートアーモンドオイル  20ml

・ジュニパーベリー 2滴

・グレープフルーツ 3滴

・ブラックペッパー 2滴

※スイートアーモンドオイルを遮光瓶に入れ、その後、精油を直接瓶の中に滴下します。精油を入れたら、瓶のふたを閉め、良く振って精油と植物油を混ぜたら出来上がり。

 

<マッサージの手順>

1.両手にオイルをなじませます。

2.足首からひざまでオイルを塗り広げるようになじませます。両手で脚を包み込むように優しく行います。

IMG_0530

3.足裏の中央ラインをくるくると両手で半円を描きながらマッサージ。このあたりには身体の巡りをアップさせるツボがあります。

ashiura_jinzo

4.両くるぶしの周りをくるくると温めたあと、内くるぶしの下あたりを両手で半円を描きながらマッサージをします。くるぶしの周りにはホルモンバランスや冷えに関するツボが集中しています。

kurubushi_kaiten

 

5.最後に片手ずつ、交互に、足首から膝下に余分な水分を流していくようなイメージでマッサージします。

お風呂上がりの身体が温まっている時が一番効果的ですので、ぜひお試しください。

fukurahagi

 

T’s roomでのトリートメントでは、「脚がむくんでだるい」というお客様にはフットバス+ふくらはぎ&足裏のフットリリースパックをおすすめしています。

セルライトなどで「脚がパンパンで硬い」という方には、プラスアルファでスウェディッシュマッサージの手技を用いて、組織の柔軟性を高めるようトリートメントを行います。

妊婦さんの場合には使用できる精油が異なりますので、サロンでは、安全性の高い精油を用いてトリートメントを行っています。

妊娠中は使用できる精油に制限があります。ご自宅でケアをされる場合には、必ず専門店のスタッフやセラピストにご相談のうえセルフマッサージを行ってくださいね。

 

♪お知らせ♪

● 8-9月空き状況
※3週間ほど先までご予約が取りづらい状況が続いております。
お時間だけでも押さえておくことも可能ですので、ぜひご相談ください。

暦アロマ 『秋分』トリートメント9/1~
占星術・アロマ・ハーブ・フラワーエッセンスを融合したスペシャルメニュー。
自分も周りの人も大切にしたい女性におすすめです。

●夏休休みをいただきます(8/24~26)
※お休み中もLINEやメールは返信可能です!
(お電話はつながりにくい場合がございます)

お客様, からだのはなし, マッサージカテゴリーの記事