妊娠中に押してはいけないツボってあるの?特に注意が必要なツボ


妊娠中に押してはいけないツボってあるの?

妊娠中はいつも以上に疲れを感じられることもあり、ご家族の方にマッサージしてもらう機会も増えるかもしれません。

 

当サロンのマタニティトリートメントにいらっしゃるお客様も、「ご主人にマッサージしてもらっている」という羨ましい方も…(^^*)

 

今日は妊娠中のセルフマッサージの際にも役立つ妊娠中に注意したいツボについて書きたいと思います。

 

ツボは全身の経絡に沿って流れるエネルギー(気)を整えるために指圧したり、温めたりしますが、アロマセラピートリートメントでも指圧は良く取り入れられるテクニックです。

 

妊娠中に禁忌とされるツボ

(★の数によって、作用の強さを示しています。私が分娩時に実際に試したときの、NST(お腹の張りを測定する機械)の数値でみました。)

★★★・・・特に強いもの
★★・・・強いもの
★・・・それほど強さを感じなかったもの

 

①三陰交(さんいんこう) ★★★

足首の内側、内くるぶしの中心に小指を置いて人差し指が当たるラインで、骨のキワ

早産を誘発することがあるため、特に後期には刺激しない方がよいとされています。

saninko

 

②太谿(たいけい) ★★

内くるぶしとアキレス腱を結んだラインの真ん中

流産の原因となることがあるとされています

taiko

 

③肩井(けんせい) ★★

肩先と顎を思い切り引いたときに一番出る骨(背骨)を結んだラインの真ん中

(肩のラインの真ん中です)

難産の際に分娩を促すために用いられるツボで、子宮を収縮させるとされています。

kensei

 

④合谷(ごうこく) ★

親指と人差し指の指間の骨の人差し指側

子宮の収縮を促すことがあるとされています。

IMG_0240

 

*その他注意したい点*

くるぶし周りかかと(の淵)の周りには子宮や卵巣の反射区(足裏リフレクソロジーで用いる反射ゾーン)があるため、骨まで達するような強い圧を加えるのはNGです。また、骨盤周り足首の前側中央や外くるぶしの前側(骨盤(や仙骨)の反射区)も強く押さないようにした方がベタ―です。

 

上記のツボや場所は軽くさすったり、揉んだりする程度でしたら大丈夫ですのです。

 

すでに「押しちゃった!」という場合でも問題にならないことがほとんどですが、もし心配な場合には、不安な時間を過ごすことが一番良くありませんので、担当医師や助産師に確認してくださいね。

 

 

ご不明な点がございましたら、ぜひお知らせください^^

 

 

マタニティトリートメントについてはこちらから≫

firstcoupn_m60min

 

妊娠中のケアについてカテゴリーの記事